Q−SHOP
7月の新車
   毎月第4土曜日はチョロQの発売日!
スタンダードチョロQ
ホーム  ご購入方法 本店 ザ・ダイヤモンド店 戸塚店 ブライス
おすすめ品 ビーニーベイビー Q−SHOP レア物コーナー 掘り出し物 メール
超リアル仕上げサーキットチョロQ 
05 WRC 2005スバルインプレッサ
ノスタルジックシリーズ
03 ホンダCR-X
04 いすゞ117クーペ
2005年8月の新製品
超リアルサーキットチョロQ
03 ザナヴィニスモ Z
昨年度のチャンピオンカーの2005年タイプが登場です。2005年型は基本的なシルエットは守りつつ、空力的にはかなりの改良が施されています。カラーリングにも若干の変更が加えられています。
04 ウルトラフロースープラ
人気実力ともトップの脇阪、飯田のコンビでエントリーするスープラ軍団の一角。2005年はブルーのボディにおなじみのエッソタイガーをボディ両サイドに配し、表彰台の中央を狙います。
トヨタの新型コンパクトカー 往年の名車スバル登場! はたらくクルマに新型登場!
STD59 ヴィッツ
2005年1月にモデルチェンジされた、トヨタの新型コンパクトカーがチョロQで登場。凝縮され、より精悍になったスタイルが見事に再現されています。ボディカラーはイメージ色の「シルバーマイカメタリック」
STD65 スバルR1
往年の名車、スバル360が現代に復活です。TVCFでもご先祖様との掛け合いが話題になった「スバルR1」。てんとう虫のような特徴ある外観を通常のチョロQよりややこぶり「軽サイズ」でかわいらしくチョロQにしました。ボディカラーは「ベリーレッドメタリック」。
STD72 道路標識車
道路工事現場で交通整理に活躍する特殊なトラックが「道路標識車」です。実物のクルマは後部に巨大な電光掲示板がつき、いろいろなメッセージを表示します。チョロQでは掲示板が上にスライドするギミックがついています。
Q-SHOPパック
STDに追加されるヴィッツのスペシャルカラーバージョンは実車でもスポーティー仕様の「ヴィッツRS」です。チョロQも実車と同じようにフロントグリルを変更したQ-SHOPパックだけの特別仕様です。ボディカラーは精悍な「スーパーレッド」。
電車シリーズ
01 500系新幹線 のぞみ 02 700系新幹線 のぞみ 03 700系新幹線ひかり
レールスター
04 923型 
電気軌道総合試験車
1977年に登場し、営業速度300キロの現在最速の新幹線。空気抵抗を低減した15メートルの先頭部と新幹線のイメージを一新したカラーリングで大人気です。 300系の後継車両として1999年に登場した新幹線です。快適性、環境への適合などをコンセプトにカモノハシのような特徴的なノーズは世界的に衝撃を与えました。 山陽新幹線で活躍する700系新幹線のJR西日本バージョン。豪華な内装とシックなカラーで一躍人気車両となった。デビューは2000年、最高速度285キロ。 走りながら設備の状況を測定する、「新幹線のお医者さん」です。約10日に1度の周期で実際に線路を営業列車と同じ速度で走行し、設備などの状態を計測します。
05 E231 山手線 06 E231 総武線 07 209系京浜東北線 08 113系 近郊電車(湘南)
1999年にデビューした通勤電車。従来より幅の広い車体や白い先頭部分、車内に設けられた液晶モニターが新鮮でした。グリーンラインが入った山手線で活躍中の車両です。 E231が初めて登場したのが総武線です。黄色のラインと前面の銀色の塗装が特徴的です。 209系はE231の先行バージョンとして登場しました。前面の白色塗装と京浜東北線のブルーラインが入っています。 「湘南電車」といえばだれでもこの電車を思い浮かべます。1963年に登場した近距離電車の定番ともいえる電車で、定番色のミカン色以外、バリエーションは全国に広がっています。
09 113系
近郊電車(横須賀)
10 C12 蒸気機関車
1963年に登場した近距離電車の定番といえる電車です。113系は1999年末に横須賀、総武線の快速運転から引退していますが、いかにも電車らしいデザインで今も人気があります。 1932年から1943年の間生産された小型タンク機関車です。現在動態保存されている真岡鉄道(栃木県)のイベント等で、その勇姿を見ることが出来ます。
映画「交渉人 真下正義」に登場するモンスターとレイン、クモE4-600のチョロQです。商品と同じものが映画の小道具として登場。2両編成で、後尾車両に動力は付いておりません。
1,050円(税込)  発売中!
最新情報へ